和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(39歳)のブログです。

月と宇宙と地球と

わざわざ雨が降る中、月をとってみました。曇っててうまく撮れませんでした。

2008-11-09 17:19:55
入力時間 / 25:58

おなじみの菊水のぎく公園から見た月(雨天)

宇宙ってとても魅力的ですよね。私もできれば一度は宇宙に行ってみたい。
あと20年くらいで安く行けるようにならないかな。

生命の起源というか根源というか全ての始まりというか。なんなんですかねこの世界。
ホーキング博士の本によると宇宙のはじまりには神のチカラが働いたと言わざるを得ないと。

不思議ですよね。宇宙、地球、自分。アリエナイですよね。宇宙が生まれて、地球が生まれて、自己を認識できる人間が生まれて。そこまでには途方も無い時間があったわけですが、すごいですよね人間って。動かそうと思わなくても手は動くし、足も動く。考えようと思わなくても脳は勝手に考えてくれる。

文字を打とうと思ったら自動的に手が動いてくれるし、ほんとにこの世界はよくできてるなと思う。ひょっとしたら何者かに創造されたものなんじゃないかなと思うほどよくできてる。できすぎですよねこの世界。

私は神を信じませんが、やはりこの世界が生まれた一因に神とおぼしき存在があったことは否定できないでしょうね。それが神なのかどうかはわかりませんが。

ガイア論というのがあって、地球は一個の生命だ〜みたいなオカルトなんですけど、宇宙という大きなくくりでみればやっぱり地球もひとつの生命体みたいなものなんでしょうね。星には寿命もあるし。言うなれば人間を含めた生命は全て地球という生命の細胞みたいなものなんでしょうね。

同じように国家もひとつの生命みたいなもので、言うなれば政治家が脳みそなんでしょうね。企業も恐らくはひとつの生命なんだろうな。そう考えればもっと簡単なのにね。人間はいつまでたってもバラバラです。

小さい頃よく親に「人間はひとりで生きていけない」と言われましたがまさにその通り。
いろんな機能をもった細胞とうまく連携していかなきゃ行けない訳です。

疲れたときは空に目を向けて自分の小ささを実感するのもわるくないものですね。

TAG

P.12