和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(38歳)のブログです。

現代の便利さ

子育て大変じゃないのに絡む事なんですけど、私は常日頃から便利な社会になったなぁと思うんです。子育て環境の問題が叫ばれる昨今ですが、そんなに子育て環境って今の日本って悪いのかなって。

2016-07-26 23:13:38
入力時間 / 16:31

女性の社会進出とか1億総活躍とかという話とは別な話ですけどね。私が育児・子育てと聞いて真っ先に連想するのは何故か昭和初期なんですけどね。昭和初期と言っても今からたった70~80年前の話。うちの両親が生まれた頃の話です。

今とは取り巻く環境が大きく違ったでしょうけれど、少なくとも今よりもっと過酷(現代から見れば)な環境の中で両親を生んで育ててくれた先人たちがいたわけです。ということによく思いを馳せます。

考えても見てください。

  • 洗濯機が無い
  • ガスコンロが無い
  • 水道、電気がない
  • 川に水を汲みに行く
  • 電気ポッドからいつでもお湯はでてこない
  • テレビもねぇ
  • スマホもねぇ
  • 車もそんなに走ってねぇ

そんな時代の子育て。私にはその労力を想像できません。ちなみに父の家族は10人くらいの大所帯で、父の父(私の祖父)は早逝していてお母さんが育ててくれたそうです。マジで想像できん!!

もちろん、今とは違って地域や親類のコミュニティが盤石だったというメリットもあったでしょう。それにしても私は現代が決して恵まれていない環境だとは思わないのです。

祖父母の時代もそうですが、少なくとも文明・文化は私の両親の時代より遥かに進んで驚くほど便利になっていると私は思います。なんか楽させてもらって悪いなぁくらいの感じ。

少なからず現代よりもいろいろと不便な時代に私を育ててくれた両親に口が裂けても「子育てが大変だ」と、私は言えません。前述の通り子育て・育児を取り巻く問題に関しては様々にありますが、現代社会の恩恵に感謝するという側面もモチベーションを管理する上で必要なんじゃないかな~と思うんですけどね。

TAG

P.1803

大阪のコピー屋のオッサンさん
いつも、コッソリ覗いては一人でニヤつかせて頂いております。

よく、「親のありがたみは、親になってから、よくわかる。」と言いますが
自分に子供が出来、そこそこの年になり痛いほど親のありがたみを
感じております。

今、子供は1人なのですが、自分が子供の時は、
自分も合わせて兄弟が4人もいまして、
親からすると、毎日、次々と色々な事が押し寄せて来ては、通り過ぎて行く
それの繰り返しだったろう・・・と想像出来ます。

おっしゃる通り、時代が時代なので、今でこそ当たり前の便利な道具や環境は
勿論無かったのですが、それはそれで当たり前と言う感じで
幼心に、今でも憶えているのが、母が自転車の両方のハンドルに買い込んだ
袋をぶら下げて、髪もボサボサ、汗だくで帰って来ていました。
しかし、今まで親から「大変やったわ~」とか一言も聞いた覚えがありません。

日頃、子供の些細な事で「しんど…」と感じる時も
幼い頃の自分の親を思い「アカン!自分はまだまだやな~」と思う今日この頃です。

構える事はせず、死ぬまでに親っぽくなっていけたら一番いいと思うんですけどね~

なんか、ダラダラと長文で失礼しました。



2016-08-04 17:22:37