和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(39歳)のブログです。

成長の評価

子どもは目まぐるしい勢いで成長するもんですね。昨日できなかった事が今日できちゃう。人の成長ほど見ていておもしろいもんは無いだろう。

2018-12-16 09:47:15
入力時間 / 13:13

子どもの成長ってスゴイですね。身体的な成長はもちろんのこと、学習や理解のスピードがスゴイ!目まぐるしく進化していく。39歳のオッサンにはついて行くのが困難なレベルで一足飛びで成長していきます。

そんな子どもの成長ですが、私は成長には2種類あると思っているのです。それは「ゼロまたはプラスが、さらにプラスになった」成長と「マイナスが、ゼロまたはプラスになった」成長。

前者の成長はとてもわかりやすいからすぐ気づく事ができる。でも後者の成長はよく目を配っていないと気付きにくい成長。だと私は思っています。子どもだけに限りませんが、成長を評価する時に前者だけではなく後者の成長にもしっかり評価しないとダメだなぁと思うのです。

叱る機会がいつの間にか減ってる

よくないことを子どもがしでかすと叱るわけですが、「最近ソレのことで叱ってないな」と気づく事が私は多い。とはいえ叱る要素は遷移していくので叱る絶対量が減っているわけではなかったりします。しかし、以前叱っていた事は確実にやらなくなっていたりします。

叱る量自体が減っているわけではないため、うっかり見落としがちですが確かにそれは成長しているんですよね。そういう部分をつぶさに見逃すことなく評価するってのは大事なことなんじゃないかなと私は思います。

これは子どもの事だけではなく、部下でも社員でも同様なんじゃないかしら。成長を他者から評価されれば誰だって嬉しい。でも成長を誰からも評価されなかったらへそ曲げちゃいますよね大人だって。

しっかり成長を評価できる人間でありたいなぁと思います。

TAG

P.1911