和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(38歳)のブログです。

父のG-Shock

高校生の頃だったと思う。当時、G-Shockという腕時計がメッチャ流行っていた。耐水の腕時計なんだけど、G-ShockとかBABY-Gメッチャ流行ってて、父にG-Shock欲しいと言ったら買ってきてくれた。

2017-08-12 23:48:19
入力時間 / 12:51

父のG-Shock 「FOSSIL defender」
父のG-Shock 「FOSSIL defender」
FOSSIL defenderのボロボロのベルト

それがこのFOSSIL defenderである。「G-Shockじゃないじゃん!!」と当時の私は青天の霹靂だったことは言うまでもないが、この時計メッチャ気に入って写真の通り革ベルトがボロボロになるまで愛用していた。

いま子をもつ父となり、G-Shockよりこっちのほうが大人っぽいと思って買ってくれたのかな、とか、G-Shock無くてテキトーに買ったのかな、なんて思い起こしては父の愛を感じています。

私も子をもち、将来似たような事に出くわすのだろう。腕時計が欲しいなんて時代ではないだろうけれど、何かしらのガジェットが欲しい。そう息子にせがまれる日が遠くない将来くるのだろう。その時、私はどう考え、どう行動するのだろうか。今から楽しみでならない。

父が他界して半年が経ったがやっぱり恋しいし、今でも信じられない。死ぬなんてあり得るか?父が死ぬなんてなぁ。どうにも信じられないなぁ。不思議だなぁ。

ボロボロになったベルトを交換し、Apple Watchは少しおやすみして父からもらった「父のG-Shock」をもう一度使おう。

親から貰ったもんってのは、やっぱり何か特別ですよね。

TAG

P.1865