和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(37歳)のブログです。

性差別

性差別で騒がれる機会が私が小さかった頃より増えてきた気がします。男女平等!男女雇用機会均等法!でも差別と区別を未だに混同している人も多い気がするんだがどうだろう。

2016-06-13 18:13:50
入力時間 / 07:54

ジブリの人が叩かれてますな。「アニメでは現実世界をデフォルメする必要があるが、女性は現実的な傾向があり、日々の生活をやりくりするのに長けている。男性はより理想主義的な、ファンタジー映画に向いたアプローチができる。」とインタビューで発言したことに端を発するらしい。

これってそんなに差別的な発言かな。あくまで傾向があるって話で、そこに憤慨する人はなんなん?女性は現実的に物事を見る傾向があって、男性は馬鹿で夢見がち。という傾向の話をしてるわけじゃん。それを差別というのは行き過ぎではないか。

言うなれば男は筋肉があるから肉体労働に向いているが、女は筋肉が少ないから肉体労働に向かない。と言ってそれに憤慨するヤツはおるまい。単純に指向性の話だと思うんですけどね。土台として向いてる・向いてないは大雑把な枠組みとしてあって、さらにその一般的な適性すら乗り越えるような人たちもいるわけで。

男と女は同じじゃない

男と女はそもそも別な生物なのだから、それをなんでもかんでも同一視しようという考え方は私にはどうにも好きになれない。別々な生物なのだから得手不得手があって当たり前だろうし、得手不得手があったからといってどっちが偉いという話でも無いだろう。

性差別にかかわらず差別差別と騒いでいる人間が一番差別的な考えの持ち主だと私は思っているがどうだろうか。そんなことはさておき、仕事が全然すすまないぞ!

TAG

P.1796

config.sysさん
得手不得手、一長一短、全く同じ人間がいないように、男女はもっと違います。
男は体力的に優れているかもしれないけど、女は精神的に男より強い。だから女は現実に強すぎて、男は弱いから夢を見てしまいがちってことですよね。
でもだからといって女性が男性より脚力や腕力で劣るかといえばそうでもない人もいるし、精神的に母親みたいに何でも跳ね返してしまう(ように見える)男性もいる。

この話は『女性を馬鹿にした』と言いたい 不謹慎厨 がネット上で騒いで正義の味方の仲間になったつもりになりたいだけで論点がずれてる。ジブリの人は自分が感じた事を正直に言っただけで何も悪くない言論の自由ってやつでしょう。

他人をばかにして自分が正しいと思い込み、その正しいと思い込む行為に酔っぱらってる人間の器は知れています。こういうのは和田さんが相手しちゃだめでしょう。同じレベルになってしまいませんよう、器は大きいつもりで生きましょうや。思い込めばいつか真実になれるってもんですよ。2016-06-14 05:23:53
和田
>config.sysさま
いや~差別と区別・適正を混同している人は多いですよねぇ。私は器がちいちゃいのでついつい口を出したくなっちゃいますよ(笑)2016-07-20 07:36:45