和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(40歳)のブログです。

ケント・M・キース「逆説の10カ条」

マザーテレサが引用したことでとても有名になったケント・M・キースさんの「逆説の10カ条」。ちょっと心が挫けそうな時に読むと救われますよね。当初マザーテレサさんの名言なんだと思っていたら原典があったんですよね。

2015-09-19 04:22:09
入力時間 / 09:48

いやぁいいことをおっしゃる。何がスゴイってコレ、ケント・M・キースさんが19歳の時に書いたものっていうのだから驚きだ。おらぁもう36だっつーのに、この領域にはたどり着けていない。

逆説の10カ条

  • 人は不合理、わからず屋で、わがままだ。それでも、愛そうじゃないか。
  • 何か良いことをすれば、自分のためにやったんだと、人はあなたを批判する。それでも、良いことをしようじゃないか。
  • もしあなたが成功すれば、偽者の友人そして本物の敵が現れる。それでも、成功しようじゃないか。
  • 今日、行った良いことは、明日には忘れられる。それでも、良いことをしようじゃないか。
  • 誠実で、そして正直であれば、あなたは傷つくかも知れない。それでも誠実で、そして正直であろうじゃないか。
  • 大きな理念を抱く大きな人は、小さな心を持つ小さな人に撃ち落される。それでも大きな理念を抱こうじゃないか。
  • 人は弱者に同情するが、結局、強者になびいていく。それでも、少数の弱者のために、戦おうじゃないか。
  • 何年もかかって築き上げたものは、一夜にして崩れ去るかも知れない。それでも、築こうじゃないか。
  • 助けを必要としている人を、本当に助けたら、あなたは攻撃されるかも知れない。それでも、助けようじゃないか。
  • 持っている最高のものを、世の中に与えたら、自分は酷い仕打ちを受けるかも知れない。それでも自分の最高のものを、世の中に与えようじゃないか。

ようは言い訳すんなって事かな

解釈は人によって異なるだろうけれど、私がこの十か条を読んで身につまされるのは「自分次第である」というひとつの真理。誰かのせいにしたり、環境のせいにしたり、言い訳や弁明・自己弁護は誰にだってできるし、そうするほうが楽だ。でもそれじゃ自身の成長にはつながらない。という事なのかなと。

社会がどうあってもいい。人間関係がどうあってもいい。周囲から攻撃されても貶されても軽んじられてもいい。最も大切なのは自分の意思をしっかり体現することであり、その過程が大事なんだと。

ということで、もう一度読みなおして頑張ろう!

ちなみに私がメモっているマザー・テレサ版は以下のような感じ。

それでもなお人を愛しなさい

人は不合理、非論理、利己的です
気にすることなく、人を愛しなさい

あなたが善を行なうと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう
気にすることなく、善を行ないなさい

目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう
気にすることなく、やり遂げなさい

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなく、し続けなさい

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく正直で、誠実であり続けなさい

あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう
気にすることなく、作り続けなさい

助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう
気にすることなく、助け続けなさい

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい
蹴り返されるかも知れません
でも気にすることなく、最良のものを与え続けなさい

TAG

P.1742

山口人さん
久々の投稿です(^^)

言い訳だらけの世の中《政治家が多い》で、なんか嫌になってきてましたが、
まっすぐに、自分の信念をもって生きようと思いました(^^)なんか、心が楽になった気分です(^^)

今後ともいい記事を和田さんらしくまっすぐに書いてやって下さい(^^)楽しみなので(・∀・)
2015-10-02 15:01:19
和田
>山口人さま
キースさん若い時にこんな達観しててスゴいですよねぇ・・・。他人はどうあれ自分はスッキリ生きていきたいですよね!2015-10-28 12:33:38