和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(40歳)のブログです。

政治は政治家にやらせておけばいい

という考え方が政治の腐敗を生み、衆愚政治を生むと言っても過言ではないですが、私はそう思っています。

2014-11-22 22:45:59
入力時間 / 12:52

ということで過去に書いてたな。私は政治に無関心でいられるってのは国として正常で健康なことだと思うんですけどね。いや、全く同じことを書くわけだが。

どうして解散するんですか?というサイトが良くも悪くも話題になってますが、そんなことどうでもいいわっ!と、言いたかった。血税が云々、国民の借金が云々、議員収入が云々、私の人生に一切関係ねぇ。私の人生は政治の在り方でどうこうなる人生じゃないし、国家と私の人生は関係あるようで実は関係ない。

少なくとも私は日本は恵まれている国だと感じているし、豊かな国だとも感じている。結構な額の税金に医療保険を取られることにはやや不満は残るものの、この国に生まれてよかったと感じずにはいられない。不景気だ就職氷河期だなんて言われている時代から私レベルの人間になると、それを感じる事は今の今まで一度も無かった。

むしろ時代が進むにつれて景気も環境もずっと向上し続けているとすら感じている。世間が「不景気不景気」と騒ぎ立てている意味が私にはわからない。消費税が上がって家計が火の車だって「それはお前の生活設計が稚拙だからだろっ!」と罵りたくてたまらない。5%が8%に上がったくらいで破綻する生活設計ってどうなのさ。所得税が3%上がるなら大事だが、消費税だぜ?

政治に関心の高い人、外交問題に関心の高い人、私はそういった人たちが暇なのかなぁと思う。他に関心を向ける矛先が無いからそういうことを考えているのかなと。いや、もちろんこれは暴論ですよ。本来であれば国民ひとりひとりが政治に関心を持つことが良いのかもしれませんけどね。

でも政治家に任せるというシステムなのだから、例え民主主義といえどあれやこれや素人が口出していいことないと思うんだけどな。選挙には行くべきだし、政治家はしっかり選ぶべきだと思うけれど、あとは選出した政治家に一任するのが最良だと思うけどな。もし一任できないのであれば自分が政治家になる以外に方法がない。

政治は完璧にはならないし、汚職や収賄いろいろ問題は今後も出てくるだろう。それは「人間」が管理する世の中である以上、ある程度は必要悪なんじゃないかなとも思う。もちろんそれらが根絶できればできるにこしたことはないが、それに国民が一喜一憂し、人生を楽しめなくなるのであればそちらの方が問題だ。

政治に関心があるなら政治家を目指せばいいし、そうじゃないのであれば自分の人生を高めることのほうがより国家として建設的で健康的なことだと思うんですけどね。

TAG

P.1630