和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(40歳)のブログです。

お金をもらうと言うこと

歳を重ね漫然とお金をもらうようになったが、お金をもらうってちょっと不思議なことですよね。

2014-08-06 15:41:17
入力時間 / 09:07

多くの場合、何らかの対価としてお金をもらうわけですが、お金をお金として受け取っていると気がついた。でも実はお金はお金じゃなくて、支払う人が「時間や労力を費やした結果」をお金という形で受け取っているのだなとふと思ったのだ。ややこしい。

お金は数値として扱いがちだけど、実はそのお金はただの数字じゃなくって、そこにはいろいろな背景があるんですよね。1万円もらう場合は支払う人が「1万円分の労力や時間を費やした結果」をもらうということなんだなと。おいそれと無駄遣いできませんよね。

「金は天下の回りもの」なんて言葉がありますが、「誰かの努力や時間」が社会を巡っていると思うとなんとなく不思議な感じがします。お金って無機質なイメージがありますが、自分が手にしたお金にはきっといろんな人のドラマや努力・時間がぎっしりと詰まっているのだなと。

小さいころ母に「1円を馬鹿にする者は1円に泣く」みたいなことを言われましたが、それはきっとそういうことなのかな。お金ってお金じゃないんですよね。お金をもらうってことはお金をもらうことじゃない。相手から時間や労力をもらうってことなんだ。

漫然と生きているとついつい忘れがち。でもやっぱり大事だなそういうこと。

TAG

P.1600

佐光さん
むしろ「1万円分の労力や時間を費やした結果」こちらの意識のほうが強いような・・・2014-08-06 17:34:55
和田
>佐光さま
あら・・・。私は数値的にみておりますた・・・。2014-08-21 19:08:51