和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(40歳)のブログです。

アニメオタクは犯罪者予備軍か

長崎県の女子高生が起こした殺人事件。ちょっと怖いですよね遺体をバラバラとか。どうやらアニメが好きだったようで。

2014-07-28 19:18:05
入力時間 / 14:17

アニメオタク・漫画オタク・ゲームオタク。日本だけではなく世界的にも犯罪者予備軍と認識されがちですよね。海外では主にCoDやBFなどのFPS(銃撃戦ゲーム)やGTAなどのクライムアクションゲーム(犯罪するゲーム)が事件と関連付けられて報道される事が多々あります。日本の場合はアニメとか事件と絡めて報道されること多いですよね。

では果たしてそれらの愛好家たちは本当に犯罪者予備軍なのか。否。それを予備軍と認識するには少し論調が乱暴すぎると私は思います。それは社会から見た時の差別意識だったり先入観がそういった論調を誇張しているのではないかなと。だってゲームの中で銃撃戦をやってるからといって、本当に銃撃戦やりたいだなんて誰が思うだろう。いや、一部の犯罪者は思うのかもしれないけれど。

格闘ゲームを好きな人がそこら辺の通行人を殴りたいと思うだろうか。”ほぼ100%”の人が思わないだろう。ただ、そういった犯罪を起こす人が好むであろうジャンルであることは疑いの余地はない。良くも悪くもゲームやアニメ、漫画といったエンタテイメントは比較的閉鎖的な趣味だし、交友関係という制約なく没頭できる良い面もあれば、それが悪い方向にも働くためだ。

しかし、そういった愛好家の極々僅少の一部の人間が犯罪を犯したからと言って、その愛好家全体を犯罪者予備軍とする論調はどうだろう。いささか乱暴すぎやしないだろうか。うまく伝えられないな。「森を見て木を見ず」というか「木を見て森を見ず」というか。

ようはオタクであることが悪ではないということ。ほぼすべてのオタクが健全なオタクだ。ごく一部の犯罪者の趣味・趣向を切り取ってそれを「オタク=悪」とするのは何か違和感があるのだ。うまく説明できん!!

オタクが悪なのではなく、悪がオタクになった。という順序が違うってことなのかな。そうだね。それだとスッキリする。だからオタクが悪なのではなく悪がオタクになったのだ。その順序を間違えてしまうと、差別的になったり色眼鏡でものを見る事になる。と言いたかったのかな?

やっぱりこまめに文章書かないと、要点をうまくまとめられなくなるなぁ。

TAG

P.1595