和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(40歳)のブログです。

タスクマネージメントのための備忘録

タスクマネージメントするためのWebアプリのための備忘録を書いておく。

2014-07-17 05:48:49
入力時間 / 15:49

タスクマネージメント。これはワーカーホリックの永遠のテーマです。効率的に仕事をするでも、仕事を回すでも、仕事を頼むでも。マネージメントは大事!ということでどういう要素が大事で、どういう要素をアプリに盛り込むかをざっと書いておこう。

1日のはじめに今日やるべきことが把握できること

今20数年前を思い返すと学校の「時間割」ってシステムはよく出来ていた。その時間通りに事がほぼ進む。非常に合理的なシステムだ。たまに「仕事の時間割とかあったら便利なのに」と思い立ってスケジュールを組むと具合が良かったりする。でも面倒ですぐ飽きるんだけど。それをシステム的な補助で自動生成できたら便利じゃないかなと。

全容を把握することが肝要

部屋が散らかりすぎていると、どこから手をつけてよいかわからなくなるのと同様に、仕事も重なりすぎると何からやっていいのかわからず無為に時間だけ消費することが私は少なくない。なので全容をヴィジュアライズ化して把握することは絶対大事!

都合よく忘れること

全容を把握することと矛盾するようだけど、あまりにこなすべき作業が多い場合、とりかかる前にゲンナリする。ゲンナリすると仕事する気が失せる。だから全容は把握しつつも、フォーカスすべきTaskのみを表示して、それ以外を「一時的に」忘れる機能は絶対必要だと思う。人間、両手に持てる量は限られている。すべてを並行しては行えない。今日何かをするためには、今日何かを捨てる必要がある。そういった取捨選択をシステムに頼りたい。

ゲーミフィケーション的な要素

Taskが完了した暁には何かしら達成感がほしい。累積する経験値のようなものでもポイントのようなものでもいい。Taskに意味を持たせたい。そんなことせずとも意味はある。でもなんというか、エンターテイメント的な何かがほしい。雑多な業務にも意味を持たせたい。積み重ねている実感がほしい。嘘でもいいから。そのTaskが未来につながっていることを感じさせてほしいんだ!あれ、病んでるのかな・・・。

ガチガチのシステムにしないこと

ほどよいゆるさ。応用の効く遊び。それでいて合理的。なんかそんな感じがいいな。

UIは近未来的でかっちょいい感じがいい

UIは趣味に走って(昔の人が考えたような)近未来っぽい感じでコンソールっぽいハイテクな感じがいい。最近それを感じたアプリといえばGoogleのIngress。アレはいいね。男の子だ。あ~いうの好き。だからあーいう感じにしたい。コンソールっぽいかんじ。無駄にSEとかも鳴らしたいねぇ。

時間を意識できる構造

1分1秒の時間を大切に使えるような構造にしたい。時間に縛られるということではなく、有意義に集中できる感じというのか。イメージ的にはパブロフの犬的な感じで、何かしらの何かの時はいやがおうにも集中出来る感じ。すごく抽象的で曖昧だな。でもなにかそういう自分ルールが設定できるような、そういう仕組がいい。自分をマシーンにできるような補助ツール的な役割。

時間から時間を錬成するイメージ

時間を作るのは時間だと思っている。だから時間を作るために効率的に時間を遣うということだ。時間の密度を高めるとか、なんかそういう感じ。集中する時間を圧縮して、密度を高める感じか。いいな。それできたらすごくいいな!ほしいぞ!

と、非常に抽象的なことばかりを羅列してしまいましたが、自分でもほしいんだからきっと欲しい人はたくさんいるだろう。なんかそういう主に自営業者向けの自己管理ツール兼Task管理ツールを作ろうと思っています。

TAG

P.1592