和田憲幸のブログ

札幌市白石区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(41歳)のブログです。

自身の努力を数値化する、可視化する

この世界はとても曖昧。なので数値化や可視化が必要不可欠だと私は思う。そしていまこの世界を形作っている多くのサービスの根幹にあるのが数値化だと思う。というような話。

2021-03-14 20:28:14
入力時間 / 13:37

数値化って大事ですよね。なぜなら数値の大小を比較することは容易いから。ということで数値化って大事だなと改めて思ったのです。

時間・技能の数値化

いわゆる労働は時間や技能の数値化ですよね。自分が持っている時間を自分以外のために消費して、その対価として数値・金銭を得る。貨幣経済自体がその数値化の根幹とも言えますが。

社会性・影響力・共感の数値化

いわゆるソーシャルネットワークが成している事は社会性や共感の数値化ではないか。マイミクやフォロワーの数値は大雑把にその人の社会性や影響力を数値化し、RTやLikeの数値は他者からの共感を示す。みたいな。

健康の数値化

Googleに買収されたフィットネストラッカーのFitbitやApple Watchなどのスマートウォッチが成そうとしていることは健康状態の数値化。健康状態という極めて曖昧なものを数値化しようという試みだと私は思っています。

というように「数値化する」というのは多種多様な価値観を持つ人間が混在する社会で、数値によって比較しやすい状態にすることを目的としていると思うのです。ゲーミフィケーションが注目されている点も、ゲーム自体がすでに数値化されているもので、数値化し累積・蓄積する行為自体に人間が達成感や快感を得られやすいことに起因しているのでしょう。

ということで、本題ですが自分自身の努力を数値化できたら面白いだろうなと。そうすれば自身の成長を実感しやすくなり、モチベーションの管理がしやすくなるのではないかなと。

努力の数値化として収入という目安もあるにはあるのですが、努力の対価が必ずしも収益を伴うかといえばそうとも限りません。なので、収益を伴わない努力を何らかの形で数値化することで、モチベーションを管理できたらおもしろいかなと思ったのです。

なんかそのようなプログラムを書きたいなぁ。

TAG

P.2033