和田憲幸のブログ

札幌市白石区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(41歳)のブログです。

育児に携われることの幸運

育児に携われることは幸運なことであって、育児に携われないことは不運なことなんじゃないか、と私は思っています。昨今、育児をめぐって様々な議論がありますが、「育児」そのものをネガティブに扱われているようで、なんか悲しい。

2020-11-14 23:12:05
入力時間 / 19:11

以前に育児は娯楽ですという記事を書いたのですが、育児はシンドイことも多いけど、それを遥かに上回るほど楽しいこと、幸せなことが多いです。私は自営業で24時間在宅なものですから、子の成長に寄り添う事ができて本当に幸せだと感じる機会が極めて多いです。

そのため、育児に携わる機会が少ない世のひとたちが可哀想というと傲った物言いになりますが、子の成長を目の当たりにできる機会に恵まれないことはアンラッキーなことだなとも思います。

24時間一緒に居ることができて、子どもの成長をひとときも見逃すこと無く楽しめるというのは、私が自営業という道を選んで得られた最良の出来事だと断言できます。

昨今、育児に関してネガティブっつーか、少なくともポジティブではない情報が多く目に入るようになった気が私はするのですが、育児は能動的に率先して奪い合うくらいの楽しみがあると私は思っています。

子どもの成長は本当に尊いです。「男子、三日会わざれば刮目して見よ」という故事がありますが、子どもの成長のスピードはその比ではありません。どんどん成長していく子どもを、特等席で見守る事ができる育児という役割は、もっとポジティブに多くの人に解釈されてもよいのではないかな~と私は思います。

TAG

P.2019