和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(40歳)のブログです。

やることが多い気がする現代社会

情報・娯楽が高度に発達した現代社会。やることが多すぎる気がする。やることが多いというか、やらなくてもよいけどやってしまう事が多い気がする。という話。

2020-09-07 22:14:38
入力時間 / 17:20

私が生まれたのは1979年。昭和54年です。私の小中高くらいまでは娯楽といえばテレビゲームだったり本だったりCDだったりテレビだったり。そんな時代でした。

それから40年も経てばいろいろ変わるもんで、いろいろと楽しい事が増えたような気が私はしています。しかもお金をかけずに。

映像も音楽も本もゲームも、身銭を切ること無く娯楽が得られる時代。スゴイ時代だ。しかしながら、その多くの情報であったり娯楽に自身の人生が圧迫され、窮屈になっているのではないかと感じる。

お金は払っていないが、時間は費やされている

「お金がかからないから暇つぶしに」と、なんとなく見る映像。なんとなくやるゲーム。でもお金はかかっていないけれど、自分の時間はたしかにそこに費やされているのだよな。お金がかかっていなかったとしても、時間は確実に自分の人生から奪われている。

本当にやりたいことなのか、考える

ということでスマホゲームとかもそうですが、なんとな~くやってるけど、よくよく考えると「ただの時間の無駄」みたいなことってありますよね。現代社会では行動に対する選択肢が増え、無料で得られる娯楽や情報も増えたので、自身の明確な意思決定無しになんとな~くヤッてることって多いと思うんです。少なくとも私は結構多いです。

でも、自分の人生を高めない行動はしっかり考えて回避していかないと、自分の人生を振り返った時に空虚でガラクタだらけのものになってしまいかねない。

ぼ~っとできる時間を取れるバランス

やれることがいっぱい!やらなきゃいけないこともいっぱい!だから日々の自分に多くのタスクを詰め込みがちですが、何もやらず、考えず、ぼ~っとできる時間がしっかり持てる程度のバランスをうまく取っていきたいな!と思ったのです。

ということで、自分の人生に有益じゃない行動はすべて捨てよう!と思ったのでした。

TAG

P.2006