和田憲幸のブログ

札幌市白石区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(41歳)のブログです。

転売屋はなぜ小売業をやらないのか

転売ヤーというのが流行っていますよね。副業として手軽にはじめられるためなのか転売屋をやっている人が昔より増えた気がする。素朴な疑問なのだが転売屋さんは小売業を営む気は無いのだろうか。

2020-09-09 07:57:56
入力時間 / 09:15

転売屋さんは一般的な小売店から商品を買って高値で売るという事をやっていると思うのだけれど、自身が小売店になろうとは思わないのかなといつも疑問に思う。だって自身が小売店になって卸値で仕入れる事ができたら利益率はもっと高くなるじゃないですか。

小売店をやらず、小売店から商品を仕入れるのにはなにかのっぴきならない事情があるのだろうか。まぁ完全に副業というかお小遣い稼ぎと割り切っているから小売業を営むという考えは無いのかもしれない。

しかし、この転売であったりコロナ禍の買い占めであったり、何かしらこれらの行動をうまく経済効果として昇華できないものか。普段売り切れる事が無いマスク、アルコールなどが市場から消えるくらい売れるのだから、うまく転売や買い占めの欲求を刺激してやることで経済効果になるのではないか。

大阪は吉村知事のイソジンの件はそういう側面が本当にあったのかもなぁ。買い占めたい!転売したい!という欲求をうまく利用して、経済を刺激するというのは面白いと思うのだけどな(社会は混乱するかもしれないが)。

とりあえず転売で大きな利益を得ている人はその商才を活かして小売業を行えばよいのにな!と思ったのです。

TAG

P.2007