和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(40歳)のブログです。

どうすればテロは無くなるのか

テロリズムという言葉が用いられるようになったのは九月虐殺(1792年)かららしい。意外と新しいですね。実際にテロと呼べるような事象は紀元前からあったみたいですけどね。

2015-12-01 08:08:21
入力時間 / 15:23

テロリズムとは「政治的目的を達成するために、暗殺・暴行・粛清・破壊活動など直接的な暴力やその脅威に訴える主義」とのことらしい。ISISなどの過激派は目的を達するために暴力的な手段に訴えているわけだからやっぱりテロだ。ただ、目的が政治的なものかどうかはなんとも言えないけれど。

テロはどうすれば無くなるのか。例えばISISと対話できれば、テロを回避できるだろうか?それはおそらく難しいだろう。対話すれば通じるという発想は、島国である日本人らしい平和的な考え方だ。何よりもテロリズムに訴える集団に対してキクミミを持つこと自体、国際社会においてはタブーだ。

法を無視し暴力的な手段に訴える事で目的を達成した、という前例を作ってしまえば北斗の拳よろしくヒャッハーな時代になることは自明の理。悲しいことではあるが、現実的に考えてテロリストとの対話はいろんな意味で難しいだろう。テロリストに「テロはよくない!」と言って通じるなら、多分最初からテロなんてしてない。

テロを無くすためにはテロリストが生まれない社会にしなくちゃいけないよね。そこでまぁ有り体ですけどやっぱり教育が必要になるんだろうなぁマララさんじゃないけども。

もしこの世の中がすごく平等で、人類全員が等価の資産・能力を持っていたら、きっとテロリストなんて生まれないんだろう。なんか社会主義的な考えだけどもね。でも世の中は不平等で理不尽だ。

誰もが住みやすい世界なんてあり得ない。でも少なくともそこに近づくためにできることをやっていく必要はやっぱりあるのだろうなぁ。テロを無くすために何かできること、あるかねぇ。まぁやっぱり募金とか納税くらいですよね私ごときにできることってきっと。

世の中、不条理ですなぁ。

TAG

P.1758