和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(40歳)のブログです。

働きたくない

嘘偽りのない私の気持ち。働きたくないな。

2010-10-11 13:12:26
入力時間 / 17:17

5月病みたいなものなんでしょうね。今年は7月~10月病でしたが、駄目人間の私ともなると著しく働く気力を失う時期が度々あります。無職になってからその傾向は著しく、メンタルコントロールの重要性を痛感している次第です。今日、長い月日を経て久々にそれが晴れたんですけどね。

働きたくないとなぜ感じるのか。その原因を究明しないことにはまた働きたく無くなるからよく考えてみる。

なぜ働くのか

労働に意味を求める人もいればそうでない人もいるだろう。私は前者だ。では私はなぜ働いているのか。ひとつは生活を維持するため。もうひとつは他にやる事が無いから。そしてもうひとつ、それが好きで楽しいと思うから。ただ、どんなに好きな事でもやりたくない時期ってやっぱあるんですよね。働くことの動機が「生活の維持」「暇つぶし」という2点になったとき、どうやら私はやる気を失うようだ。

なぜ楽しいと感じられなくなるのか

大好きなラーメンでも毎日食ってたら飽きる。たぶん理由はそんなとこだろう。Webは好きだ。大好きだ。でも「大好きな事をやってる感覚」がいつの間にか「やらされてる感覚」に置換えられてしまうんだ。食べたい時に食べるラーメンは美味しい。でも腹いっぱいで食べたくない時に食べさせられるラーメンはそう美味しいものではない。つまりは求められる事と、私自身が求めることの均衡が崩れたことに起因していると言えるのかもしれない。

やっぱり働きたくないでいいんじゃないか

そもそも「労働」じゃないんですよね。「労働に従事」って思うから楽しめないんだよなぁ。正しくは「お金をもらって遊ぶ」なんだよな。いっつもそれに気づいては忘れての繰り返し。そういう意味では「働きたくない」でもいいんだ。それが正解なんだ。見る角度がズレてたんだろうなきっと。

仕事じゃない。労働じゃない。私にとって制作や開発は娯楽以外のなにものでもない。
そういう意味では「働きたくない」はやはり間違ってはいない。
問題なのはその「娯楽」「労働」として認識している点にある。

ということでやっぱり私は働きたくない。

TAG

P.680

yukiさん
初めまして。
確かに好きでやってる仕事でも、不本意な時はヤだなぁと思いますね。
趣味の合わない人のために作るデザインとか、
延々続くプログラミング作業とか、なんかぞっとする時あります。

好きでやるから良いのだろうけど、
労働時間が長すぎると、だんだん苦痛になってきます。

人は、頭だけを酷使すると、バランスの悪い疲れ方をして、ついには「不眠症」になります。
頭を使う作業の後は、適度に体も疲れるさせると、精神的にも健全にリセットされて良い睡眠がとれます。
すると、快適な朝を迎えられる。人は意外に単純な生き物ですね。

適度に働き、適度に遊び、適度に頭を使い、適度に肉体疲労して、
適度に休息して、翌朝をむかえる。そのくり返しだけど、
平和な日本だから出来る暮らし方だと思います。2010-11-26 15:47:25
和田
>yukiさま
不眠症は何度か経験しましたが、あれはなかなかのツラさですね。起きてるのか寝てるのかわからない感覚は不眠症になった人しかわからんでしょう。やっぱり身体うごかさないと人間あきませんね!2010-12-22 12:50:03