和田憲幸のブログ

札幌市白石区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(41歳)のブログです。

42歳になりました

このコロナ禍に42歳を無事迎えることができました。大変ありがたいです。生きてるって素晴らしい。でもただ生きてるだけじゃダメなんだなぁ・・・。

2021-06-09 23:50:45
入力時間 / 16:28

和田憲幸の遺影2021

ということで今年一年は自分がクソヤローだということをただ痛感するだけの1年間だったと言っても過言ではありません。本当に生まれてきてすいません・・・。クソ野郎も度が過ぎる!まぁ自己嫌悪してもしょーがないので自己嫌悪はこの辺に、42歳の和田憲幸はどんな感じがよいだろうか、ということを考えてみよう。

行動的な42歳になりたい!

あれこれ能動的に動ける自分になりたい!42年も生きているとすごい保守的!面倒くさがり方がヒドい!軽快なフットワークでキビキビ後先考えずに動けるような人間でありたい!

自分を高める42歳になりたい!

高めたい!このゴミ溜めみたいな自分を高めたい!もっと立派なゴミになりたい!たとえゴミだったとしても、死ぬときに「いいゴミだったな」といえる程度のゴミになりてぇ!自己研鑽をしっかりしたい!

周囲の人間に良い影響を与える42歳になりたい!

自己研鑽ばかりやっていてもしょーがねぇ!周囲の人間によりよい影響を与えることができる自分になりたい!自分ばっかり成長してても意味ねぇ!全体を押し上げるような影響力を持ちたい!どうすればいいか、まったくわからねぇ!

ということで毎度目が死んでる遺影になりますが、このコロナ禍でいつ死ぬともわからないので、もし死んだときはこの目が死んでいる遺影を使ってほしいと切に願っています。

とりあえず42年生きてきて、ほんとに幸せです。不幸だったためしがねぇ!こと私だけの人生に限って言えば過分な人生。好き勝手に生きさせていただいて、能力以上の評価をいただいているといつも感じています。

ただ、前述の通り自分だけが幸せでも、自分だけが成長しても、意味ねーなと最近頓に感じます。うまく周囲を巻き込んで一緒に成長できる基盤のようなものをどうにか構築しなくてはならないなと。自分ひとりでできることなんてたかが知れてますしね。

目は死んでいますが、生き生きとした42歳ライフをエンジョイしたいと思います。42歳になった和田憲幸もどうぞよろしくお願いいたします。

TAG

P.2045