和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(40歳)のブログです。

中年とは悲劇なのか…

中年とは悲劇なのか…。いま魂が試されようとしている。

2019-10-25 23:59:00
入力時間 / 12:33

今年はお尻の穴をレーザーで焼き切ったり、蕁麻疹に悩ませられたり踏んだり蹴ったりで、今月また内痔核に注射打たなきゃいけない40歳の和田です。

今まで当たり前にできていたことができなかったり、大丈夫だったことが大丈夫じゃなくなる、といったことに出くわす機会がとても増えました。これが中年か…。

先日MacをcatalinaにアップデートしたらiTunesの曲が全部なくなっているっ!という現象に出くわして、なんかiTunesがMusicになったとか、iCloudミュージックがなんちゃらとか、頭がチンプンカンプンになった自分に驚きを隠せませんでした。一応パソコン使う仕事してるのに…。完全にオッサンです。

40歳はもうメインストリームではない

catalinaのわけわからんアップデートに腹を立てて「もっとジジイにもわかりやすくしろよなアップルさんよぉ」と思った自分にハッとしました。これが老害の入り口なのだと。馬鹿かと。アホかと。いつまでおまえはメインストリームにいるつもりになってんだと。もうおまえは淘汰される側の人間なんだと痛烈に実感しました。

自分の基準をアジャストできていない

そう。自分の価値観・基準・知識・経験もろもろ。それらを調整できていない。「なんで俺に合わせてくれないの」感がスゴい。これはとてもやばい思考だなと。これの延長線上にあるのがきっと老害という存在なんじゃないかな。

もう自分は死ぬ側の人間であるという自覚をもっと持たなければならない。自分は得る側ではなく、残す側にもう立っている。自分がまだ得る側の人間だと思っていたのなら中年は悲劇だろう。

しかし、残す側の人間だと自覚すればきっとまだ人生をポジティブに楽しめるはず。より良いものをより多く残せるように自戒し頑張っていこう!と思ったcatalinaアップデートでした。

TAG

P.1953

はっつんさん
それにプラスして『新しいものを受け入れようとしない』これ最強老害!?
一つしか違いませんが、お互い自分に取り入れる取り入れないは別にしてセンサーと何とかはビンビンのままで年を重ねたいですね♪2019-10-27 09:50:33
MTさん
確かに、小さな文字のサイトは読む気が失せたり、1日中聴いても飽きなかったハードロックが何曲かで限界だとか、ゲームしても10分も持たないとか・・・とにかく「しんどい」という思いが先に立つことが多くなった気がします。
すぐに風邪を引いたり、腹が出たり腰痛が・・・と挙げればキリがないですね。

ただ自分は、中年になればなるで良いこともあるんだなと感じています。
とにかく落ち好きが無かったので、若い時より焦るということが極端に減りました。
これが、場当たり的な行動をとらせてしまう原因であり、なにをやるにしても集中力を欠く一番の問題になっていたので、今がちょうどいい頃合いのように思います。
また、色んな意味での経験の差は、「中年になってこないと手に入らない魔法」とさえ思うこともあります。思考の巡らせ方だとか、自分の専門分野での反射的な反応だとかは、まさにそんな気がします。

昔、インタネットが普及しだした頃、リンクページを辿って徹夜で無我夢中になってネットサーフィンをしていた頃がありました。
今は徹夜とはいきませんが、何かが面白くなって、気が付くと3時4時になっていることがあります。50にもなって中身は大して変わっていないんだなとつくづく感じますが、ただ昔と違い、何かしらの考えがあって触手が向いているので、その分しっかり蓄積されてます。
中年だからこそ、がむしゃらにではなく、のんびりと楽しめてるのかなと思います。

なんだかんだ文句言いながら、新しいものと自分の感覚のギャップに好奇心が芽生える。
そんな子供の事を中年って言うのかもしれないなと思ってます。

メールフォームプロをありがたく使わせていただいてます。
メールフォームプロに関する調べ物をしてたら、ここにたどり着いて、いつの間にか・・・2019-11-29 20:26:42