和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(40歳)のブログです。

テレビゲームと人生のリソース管理

テレビゲームとは端的にいえばリソース管理に尽きる。どのような資源(リソース)があり、それをどう増やすか、どう強くするか、どう使うか、という選択肢とその結果を楽しむものだと私は思っています。

2019-10-14 00:08:32
入力時間 / 12:51

人生も同様で、テレビゲームと人生はとてもよく似ていると中学生の頃に気づきました。人生もテレビゲームも、多くの場合、以下のような点があると思います。

どう資源を獲得するか

リソースというとアレなので資源と言い換えましょう。テレビゲームで言えば資源とは「経験値」であったり「お金」「HP/MP」であったり「魔法」であったり、「武器/防具」だったり。手に入るものの多くが資源です。

現実世界でもまったく同じで何をするにしてもまず資源(お金・健康・時間)を集めない事には何もできません。現実世界の厄介なところはテレビゲームと違って役に立たない資源が大量にあること。それの取捨選択をしっかりやらないと、肝心要の人生を豊かにできない所がテレビゲームと違いますよね。

どう資源を使うか

モンハンのように武器を強化してみたり、強化した武器でより効率的に資源を増やすこともできます。テレビゲーム内の資源は基本的には自身をより強力にするために利用されます。

しかし、現実世界においての資源は自身を堕落させるために利用されることが少なくありません。人生がテレビゲームより難解なのは、自由な選択肢と引き換えにマイナス方向への自由度も高いためかもしれません。

ということで、人生とテレビゲームは「限られたリソースをマネジメント」する、という意味ではとてもよく似ているなと私は思っています。テレビゲームで最終的に行き着くところは私の場合は「効率化」なのですが、これは私の人生観も全く同様で、効率化がある意味では人生の目的に近い。

端的にいえば人生は自分の命という極々限られたリソース(資源)をどのように使うかというゲームだと私は思います。

TAG

P.1951