和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(40歳)のブログです。

この国に生まれてよかった

私は常々日本という国に生まれてラッキーだったなぁと思う者です。戦禍に巻き込まれる事もなく、食うに困ることもなく、自由に生きる事ができる良い国だと。

2019-08-04 00:43:40
入力時間 / 17:33

まぁいろいろ不満を挙げれば無いってことは無いんでしょうけどね。それでも日本という国はよい国だなぁと40年生きていると思います。ただ、良い悪いってのは結局もって相対的なものなので、どこと比べるかによって印象は変わっちゃうんでしょうけどね。

自由な国でよかった

まぁ比べるのもアレですけど、お隣の中国や北朝鮮と比べると遥かに自由な国。人生をどう選ぶかに関しても本人次第で自由度はかなり高い。ただ欧米ほど自由に生きられるかと言うと、固定観念が強い社会性のため、周囲の目がキッツいこともあり日本はちょっと自由に生きづらい。でも自由に生きられない事はない。

食の豊かな国でよかった

海の幸・山の幸に恵まれ、まぁ大半は輸入に頼っている現状ではありますが、食べる事に困らないってのはスゴい事ですよね。食費4万でちょっと話題になってますが、自炊してれば4万あれば相当いい食生活を送れます(少なくとも札幌では)。我が家は4人家族で食費4万ですけどね!

経済の豊かな国でよかった

不景気だなんだと言われていますが、みんなスマホもってネットしてますよ。公共インフラも整備されているし。なんやかんやゆーてGDP世界3位ってスゴいことですよ。世界で上から3番目なんですから。

チャンスのある国でよかった

私は足し算と引き算ができれば合格できるようなとてもおバカな高校を出ていますが、そんな私でも仕事してメシ食えてるって結構スゴいと思います。少なくとも私の場合は、やったらやった分だけ対価を得られる人生をこの国では送る事ができている。労働者階級の家庭に生まれたらお先真っ暗。みたいな事の無い国でよかった。

この国が嫌いな人もたくさんいるでしょうが、嫌いだなと思って住み続けるより、好きな部分を見つけて、いい国に生まれたなと思いながら生きたほうがハッピーだと私は思っています。

ということで、日本という国が私は好きです。そしてこの国に生まれる事ができたのはとてもラッキーだと、少なくとも私は思っています。

TAG

P.1941