和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(40歳)のブログです。

真実の証明

いやいや久しぶりに大笑いしました。前広島県議会議員 梶川ゆきこさんのツイートを見て。

2011-05-02 10:53:41
入力時間 / 19:50

インターネットで話題沸騰中の前広島県議会議員 梶川ゆきこ(民主党)さんが今回の東北地方太平洋沖地震を人工地震兵器を使ったテロだと訴えているアレです。公の人がなんの確証も無くこういったことを発する事ができるというのは日本という国家の自由を象徴しているとも言えますよね。日本て本当に平和だな。民主党って本当にいろんな意味でスゴいですよね。

今回の地震と津波が示した問題は何も放射能や原子力発電所の事だけではない。「情報」という目に見えない確たるものの存在がまさに揺らいだ一大事だったと言えるんじゃないかな。その中でもとりわけ「真実」というものが非常に見えづらく、またそれを判断しづらいということが浮き彫りになったように感じる。

「気象兵器を使った人工地震だ」という訴えを「んなアホな」という言葉で片付けるのは簡単だが反証するのは結構難しい。「現実的に考えてまずありえない」という程度に落とす事はできたとしても、それは言い換えるなら「直ちに健康には害のないレベル」ってのと同じくらい不確かなものだ。

そうやってあれこれ考えると真実ってなんなのかなと思う。
自分の目に見えるもの、触れることができること、それ以外の真実を証明することって私にできるんだろうか。そもそも真実なんてこの世の中にあるんだろうか。社会的に共通認識できる真実なんてひょっとしたらこの世界には存在し得ないのかもしれない。

911テロも陰謀説なんてのがあったし、2012年に世界が滅亡するとか、世俗はこういったゴシップやオカルト・終末論が大好きなんだろうね。傍から見ているとあまりに荒唐無稽で馬鹿馬鹿しいなとは思うが、それが本当にあっているか間違っているかを証明することは少なくとも私にはできないけれど。でもまぁどうでもいいことだけどね。

梶川ゆきこさんは根拠も確証もなくこういうことを世に発信している。あたかもそれを確信しているように。
真実だと証明できないことを発するのは良い。でもそのことを認識しないで情報を発信すると梶川ゆきこさんのようになっちゃうんでしょうね。人間はもっと情報の扱い方を学ぶべきだし考えるべきですよね。

人間って基本的に馬鹿ばっかなんだろうね。もちろん私も含めて。
闇の勢力と戦う広島県議会議員 梶川ゆきこ

TAG

P.830