和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(40歳)のブログです。

中年とは悲劇なのか…

中年とは悲劇なのか…。いま魂が試されようとしている。

2019-10-25 23:59:00
入力時間 / 12:33

今年はお尻の穴をレーザーで焼き切ったり、蕁麻疹に悩ませられたり踏んだり蹴ったりで、今月また内痔核に注射打たなきゃいけない40歳の和田です。

今まで当たり前にできていたことができなかったり、大丈夫だったことが大丈夫じゃなくなる、といったことに出くわす機会がとても増えました。これが中年か…。

先日MacをcatalinaにアップデートしたらiTunesの曲が全部なくなっているっ!という現象に出くわして、なんかiTunesがMusicになったとか、iCloudミュージックがなんちゃらとか、頭がチンプンカンプンになった自分に驚きを隠せませんでした。一応パソコン使う仕事してるのに…。完全にオッサンです。

40歳はもうメインストリームではない

catalinaのわけわからんアップデートに腹を立てて「もっとジジイにもわかりやすくしろよなアップルさんよぉ」と思った自分にハッとしました。これが老害の入り口なのだと。馬鹿かと。アホかと。いつまでおまえはメインストリームにいるつもりになってんだと。もうおまえは淘汰される側の人間なんだと痛烈に実感しました。

自分の基準をアジャストできていない

そう。自分の価値観・基準・知識・経験もろもろ。それらを調整できていない。「なんで俺に合わせてくれないの」感がスゴい。これはとてもやばい思考だなと。これの延長線上にあるのがきっと老害という存在なんじゃないかな。

もう自分は死ぬ側の人間であるという自覚をもっと持たなければならない。自分は得る側ではなく、残す側にもう立っている。自分がまだ得る側の人間だと思っていたのなら中年は悲劇だろう。

しかし、残す側の人間だと自覚すればきっとまだ人生をポジティブに楽しめるはず。より良いものをより多く残せるように自戒し頑張っていこう!と思ったcatalinaアップデートでした。

TAG

P.1953

はっつんさん
それにプラスして『新しいものを受け入れようとしない』これ最強老害!?
一つしか違いませんが、お互い自分に取り入れる取り入れないは別にしてセンサーと何とかはビンビンのままで年を重ねたいですね♪2019-10-27 09:50:33