和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(40歳)のブログです。

正義を示すこと

今にはじまったことじゃないですけど、twitterでオイタした人を叩くのが流行ってますよねぇ。

2013-11-26 20:27:54
入力時間 / 09:18

twitterなどのSNS、ブログなどでオイタした人を集団でフルボッコにするというのが流行ってますよね。炎上とはちょっと異なる気もしますが、炎上って言えば炎上ですわな。私自身はそこに乗っかりたいとは思わないけれど、そこにはきっと個々の「正義感のようなもの」があるのかなって気もする。

社会で生きていると「正義を示すこと」ってほぼ無い。特に日本では「人の道にかなっていて正しいこと」なんて国民にとっては当たり前の事でもあるし。だからこそ出る杭は打つという風土でもあるし、平均・均衡を保とうとする意識が働くのかなという気がする。そういった過度な行為を「叩くことでストレス発散してる」と見る人もいるが、私は「正義を示したい」という根源的な欲求からきてるんじゃないかなと思うんだけどな。

もちろん集団でフルボッコに個人を叩くことは非建設的だ。それを肯定するつもりも擁護するつもりも無いけど「正しいことを示したい」とか「正義を示したい」って欲求はきっと誰にでもあるんじゃないかな。その顕著な例がシーシェパードとか反原発とか、そういうことだと思うんだけど。

コミュニティの中で生きている人は、社会性や協調性を考慮した情報発信を常に強要される。故に「明らかに間違っている行為」に対してついついツッコミを明示したくなるって側面、あると思うんだけどな。まぁでも炎上にしろなんにしろツッコミ入れる人のほうが優しいと思いますけどね。大部分の人にとっては無関心でしょうから。

TAG

P.1527

井川さん
公益的な正義と、利己的な正義とでは相反することもあるので難しいですよね。ただ、叩くだけの書き込みをする輩などは、正義感と言うよりは劣等感なのかなと思います。正義にはリスクが伴います。よって日常的に正義を示す人などは殆どいません。正義と平穏を天秤に掛けると、どうしても人は平穏に傾きます。自分は安全(ノーリスク)な位置から、ここぞとばかりに、もはや弁明や反論のできない人に対して正義をかざすのは所詮、腰抜けです。上手く言えないですが、そのあたりが分っていて教養のある人は、無視・無関心ではなく、コメントに値しないと判断するのだと思います。2013-12-02 10:43:40
和田
>井川さま
そうですね。たしかに群衆に紛れて石を投げるような行為は卑劣だし、劣等感や鬱屈した感情の発散という向きもあると思います。ただ、個人が自身の身分を明示した上での主張をしずらい文化という面もあるのかなと。
インターネットという媒体の受け止め方や位置づけも個人によって異なるのでなんとも言えませんが、誹謗中傷する個々の問題というよりは、社会の枠組み自体にもやはり問題があるんじゃないかな~と思います。いや、もちろん擁護するような話ではありませんが。2013-12-02 11:02:00