和田憲幸のブログ

札幌市南区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(40歳)のブログです。

できるできないに関わらず

寝れねぇ!寝れないと筆が進みますね。アレコレ考えてるとネタがどんどん出てくるから。

2013-06-23 04:40:47
入力時間 / 09:25

なかなか寝付けない。恐らく昼寝をしたのが原因だろう。床で夢想にふけっていると小さい頃の事を思い出した。小さい頃って思考に制限がなかったなって思い出したんだ。

自由だった。何かを考える上で前提となる制約や制限を考慮する必要は無かった。というか制約や制限をそもそも知らなかったわけだから発想が自由なのは当たり前ですよね。現実性や妥当性も考慮する必要無かったし。そんな幼少の頃の自分と比較して今の自分はどうだろう。現実性や妥当性ばかり考えている気がする。

いや、それは知識や経験を得たのだから必然ではある。でも知識や経験によって思考・思索の幅が狭くなってはいないか?自由な発想を忘れてはいないか?妥当性を求めて冒険する事を諦めてはいないか?

な~んて考え始めると寝れませんよね(笑)

小さい頃はほんとに何でもできると思っていた。馬鹿だったし(現在進行形ですが)。
でも発想が突飛だったし、型にはまっていなかった。願うことや望むことができた。

まぁ30過ぎたおっさんが現実性や妥当性を考慮せずに行動することは「現実的ではない」けれど、そういった目に見えない制約を自身に課しているのは間違いなさそうだ。もっと思考は自由じゃなきゃいけない。考える事はタダだし誰にも迷惑をかけるものではない。思考の時点で自由を失っていては具現化したときはもっとヒドイことになっているだろう。

過去に何度も書いてますが「かくあるべき」って考え方は思考の墓場ですね。
時には効率性・合理性・妥当性・現実性、そういった自由の制約の一切を排除して、純粋に望み求めることって大切なんだろうな。純粋に純粋に望むことに帰着するまで思考を巡らせるなんて幸せな事だものな。

「できるできない」に関わらず、というより「できるできない」なんて最初から考慮せずに自由な発想をしたいもんですわな。

まー気づけば遅くも無い話だ。そして寝たい!でも目がギンギン!
なんか作るか!

TAG

P.1460

中村真徳さん
そうですよね!
大人になったり、
変な概念ができると、思い込みや、制限をかけますよね!
僕もそう思います!
可能性はいっぱいあるけど、
行動するか?だけだと、思いますね、、2013-06-23 09:18:54
和田
>中村真徳さま
なかなか難しいですよねぇ。蛮勇とか無鉄砲とも紙一重だし、正解というか最適解ってのは意外と難しいなぁとおもいます。まぁどれも正解でどれも不正解って感じだとは思いますけどね。2013-07-01 09:32:46