和田憲幸のブログ

札幌市白石区在住、個人事業のWebエンジニア 和田憲幸(41歳)のブログです。

少年犯罪

川崎の中学生殺害事件を受けて少年法の見直しが叫ばれていますね。少年法って何でしょう。

2015-03-05 04:18:36
入力時間 / 24:11

少年法はザックリ言うなら「若気の至り」として刑罰を軽くするための法律ですよね。とは言え16歳以上であれば無期懲役もあるんですよね。18歳以上は成人と同じ刑罰にもできると。もう一つ、大きな議論の的になっているのが「実名や顔写真の報道が禁止されている」点でしょう。

週刊新潮が18歳少年の実名と写真を掲載したそうです。私はこれに関してどうかな~と思うんですよね。実名や顔写真を掲載する必然性が果たしてあるのかなと。18歳と言えばもういい歳ですが、大人と言うにはまだ若すぎる。事件の残虐性を踏まえても「調子に乗った若者がとった軽率極まりない行為」のレベルなんじゃないかなと。

別に18歳の少年を養護するわけではないんですが、もし私がその18歳の少年だったと考えたら今のこの状況、ゾッとするなと。なんて言ったらよいのかな。私自身が若い時にとてもアホだったので、あまり他人事に思えないというか。若いころってすごく馬鹿だったり、格好つけたり、調子こいたり、そういうこと私はあったんです。

とにかく調子こいて、他の誰かよりも上に立ちたかったり、いきがったり。私以外の若者のことを私はわかりませんが、若者って兎角馬鹿な側面があると思うんです。馬鹿だから人を殺していいってわけでは当然ありません。でも馬鹿なんです。ではそんな馬鹿な私が今まともにやってられるのってのは、両親をはじめ、友人・上司・知人・その他もろもろ物凄く多くの恵まれた人間関係に導かれたものだという確信が私にはあります。

では私にそういった人間関係が無かったとしたら。と考えると18歳少年を他人と私は思えない。とは言え、もちろん殺人であったり、そういった行為そのものは肯定されるものではないし、遺族の方にとって決して許されるものではないでしょう。なんと言ったらよいのかな~。難しいですね言葉って。

まぁ私は人に恵まれているから今生きていられて、もしも人に恵まれていなかったらきっと犯罪者になっていたんじゃないかなと思っているので余計そう考えるのかもしれません。当たり前みたいに持っている良識も道徳も、私は全部誰かから貰ったものであり、交流した誰かが教えてくれたものだと思っています。

そういう機会に恵まれなかった人には同情を禁じえません。いや、だからってその行為が許されるわけじゃないんだけども、図らずもそういう道を辿ってしまった若者に一縷の望みを残してやるくらいの許容も社会には必要なんじゃないかなぁと薄っすら思います。なんかものっすごく叩かれそうだけども。

馬鹿は死ぬまで馬鹿という説もありますが、人ってなんだかんだで周囲の人がつくり上げるものだと思うんですよね。少なくとも私はそうなんで。もちろん反省しない人は反省しない。性根が腐ってるヤツは腐っている。それはそういうもんだと思いますが、私は考え方が甘っちょろいのかな。

確定的犯罪に関してはアメリカのスリーストライク法みたいなものがあればいいのになと少し思います。仏の顔も三度までじゃないけれど、実際に服役して改心する人だって多くいるわけですから。い遺族の方の事を考えるとこんなこと書くことは物凄く無礼なことかもしれないけれど、それでも私は少年法というものに存在する意味はあると思っています。

TAG

P.1684

コ。さん
肯定ボタンついつい押したw2015-03-05 04:33:46
コタさん
私も昔はやんちゃしてた人間なので和田さんのおっしゃってることもわかります。ですがこの事件に関しては被害者側の視点から見てしまうと、我々の想像を絶する苦しみの末に亡くなってしまった被害者。そして残された遺族に至ってはこれから先一生悲しみを背負って生きていかれることでしょう。それを思うと、そんな簡単にやり直しができてしまっていいのかな?亡くなってしまった彼にはやり直すことができないのに…と思ってしまうんですよね。2015-03-06 01:32:44
スレイさん
やんちゃ仲間として
少年法の是非だけで言えば必要なのは明白だと思います。私自身もやらかすなら未成年のウチと脳内では考えた口なので(^-^;
もちろん、自制心はありますので小さいことばかりですが・・・

この問題は、少年法の問題と言うより一括りに"未成年"、"更正を・・・"で決めるのが問題じゃ無いかなと成年した頃より思っております。

幾ら、未成年だろうが超えちゃ行けない人としての壁ってのはありますよね?
そこを超えたときはやはり人として裁かれなきゃいけないんじゃ無いかと・・・
例えば、頭に血が上って傷害を・・・若気の至り、少年法で守ってあげても良いかと
例えば、今回のように粋がって殺してみた・・・若気で済みますか?少年法の適用外、一人の人として裁くべきでしょう。
他にも、ただの器物破損・・・でも被害総額が億単位になる様な案件だったら?適用外でも良いんじゃ無いかな?物事には限度があるでしょ
といった感じに"例外"を設けるべき!

そしてこの法を悪用する輩は適用外にするべきなんですよ。
検察になるのかな?容疑者と対面して"若気の至り"と判断できるなら適用して
明らかに故意、限度を超えているなら適用外と判断する手順が必要じゃ無いかと
更正を期待するのはもちろん大切なことですが、更正したと思って野に放ち
第二、第三の事件を起こしたときは?
誰が責任を取るんでしょう?同じく無罪にして再犯を起こしたケースが最近凄く
目に付く気がします。裁判官の責任は?

物事は、多方面から検証して決定しないと重大な欠陥を見逃すのはプログラムも人も同じじゃ無いかな~と思います。2015-03-06 12:30:58
あーちゃんさん
ぼくが子供の時に聞いた少年法の存在意味は、

・生活苦からドロボーしてしまった
・お金が払えなくて無銭飲食してしまった
・そそのかされて悪い仲間とつるんでしまい・・・

のような事例から保護するためだったと記憶しているのです。

少年法の適用には条件が必要なんじゃないかな。2015-03-06 13:37:09
和田
>コ。さま
あんらやだ!意外と肯定も多くて逆にびっくりですよ!

>コタさま
被害者側から見たらそうですよね。私も自分の親族がこのような被害に遭ったらやっぱり許せないと思います。しかし加害者の少年もやはり私には同情の対象に映ります。人格を形成するのはやっぱり周囲の環境に依ると思うので。

>スレイさま
やはり越えては行けないラインってのはありますよね。ただ、そのラインを見極められないのが未成年だと思います。いやもちろん多くの未成年はそのラインを超えることはないので、許容できないのはわかりますが、それも結局は”育ち”によるのかなと。”育ち”が悪い人でも人を殺さない人がほとんどでしょうけれど。加害者少年を許すとか未成年だから多めに見るということではないんですが、少なからずその生い立ちに同情は禁じ得ないかな~と私は思います。

>あーちゃんさま
少年法は一緒くたに扱われがちですが、年齢毎にいろいろと条件が付いているようです。凶悪犯罪の場合は成人と同じ扱いみたいですしね。2015-04-10 03:10:07